DISCOGRAPHY

TRACKLIST

  • 01. LIKEY
    02. Turtle
    03. MISSING U
    04. WOW
    05. FFW
    06. DING DONG
    07. 24/7
    08. Look at me
    09. ROLLIN'
    10. LOVE LINE
    11. Cheer up!(DON'T GIVE UP)
    12. Keeping you inside of me
    13. Good night

twicetagram

2017-10-30

たった今、私たちの’TWICE’、30日、The 1st Album’twicetagram’公開!
Black Eyed PilseungXJeon Goonと一緒にした’フューチャーエレクトロポップ’、タイトル曲’LIKEY(ライキー)’

-TWICEのための曲’LIKEY’、Black Eyed PilseungXJeon Goon合作のフューチャーエレクトロポップ
ジャンル曲
-大望のThe 1st Album’twicetagram’、メンバーが直接作詞した曲を含め、合計13曲を収録
- ‘TWICEらしさ’とトレンディを組み合わせたThe 1st Albumで2017年、3回目のカムバック!
アジアNo.1ガールグループを狙う6連続の花道パレード!

TWICEが30日、The 1st Album’twicetagram’を発売し、タイトル曲’LIKEY(ライキー)’を公開、アジアNo.1ガールグループを目指す第一歩を踏み出す。

2015年10月、サバイバル オーディションの’Sixteen’を終了後、誕生したガールグループであるTWICEは、デビュー曲’Like OOH-AHH’から’CHEER UP’、’TT’、’KNOCK KNOCK’、’SIGNAL’まで、リリースしたすべての曲が大衆の心をつかんである。 NAYEON、JEONGYEON、MOMO、SANA、JIHYO、MINA、DAHYUN、CHAEYOUNG、TZUYU9人のメンバーは、一つの’TWICE’になって、明るいエネルギーをいっぱい持った姿で、全曲をTWICEらしく表現し、ステージの上はもちろん、いつでも、どこでも愛された。


‘Like OOH-AHH’から1位行進をスタートし、活動全曲を音源チャートのトップはもちろん、各種音楽放送番組で1位トロフィーを、年末受賞式では大賞トロフィーを受賞し、誰も接近できない記録を積み上げた。発売した4枚のミニアルバムは、合計130万枚の販売高を越え、ガールグループとしては想像もできない成績まで達成、大衆性とファンダムのバランスを取ったNo.1ガールグループなのを立証した。

このように止まらない歩みで現在の音楽界はもちろん、アジアを代表するガールグループとして成長しているTWICEがデビュー後、初めての正規アルバム’twicetagram’を公開する。

1st正規’twicetagram’は、記憶したい多様な日常を入れたSNSのようにきらきら光る’今のTWICE’を思う存分表現した。 メンバーのNAYEON、JEONGYEON、JIHYO、DAHYUN、CHAEYOUNGが直接作詞した収録曲を含んで、色んな魅力を誇る13曲でアルバムを完成した。

タイトル曲’LIKEY’は、作曲家のBlack Eyed PilseungとJeon Goonの合作で、TWICEのスタートを一緒にしてきたプロデューサーBlack Eyed PilseungがオンリーTWICEのために制作したヒドゥントラックである。’カラーポップ’という新しい音楽ジャンルを通じてすごく愛してもらったTWICEが今回、’フューチャーエレクトロポップ’というタイトルで、再び、音楽ファンに新しさをプレゼントする。’LIKEY’は、生き生きしたPOP的な要素が目立つフューチャーエレクトロポップサウンドと、’いいね’という言葉が持つときめきとワクワクをトレンディに表現した歌詞がバランスを取った。 舞台が始まれば、成績が上がるぐらい、TWICEの魅力をはっきり見せてくれたパフォーマンスも、より強力になった。可愛さとダイナミックを同時に込めた今回の’LIKEY’のパフォーマンスは、もう一度、’TWICEスタイル’の進化を知らせる。数億再生ビューを誇る、TWICEのシンボルと呼ばれるミュージックビデオは、初海外ロケーションでカナダで撮影、もっと楽しく鑑賞できる。

また、アルバム’twicetagram’には、DAHYUNとCHAEYOUNGが一緒にラップメーキングを担当した’Missing U’、NAYEONとJIHYOが作詞した’24/7’、JEONGYEONが作詞した’Love Line’、CHAEYOUNGが作詞した’Cheer up! (Don’t Give Up)’等、メンバーが直接、曲の作業に参加した曲をはじめ、JYPエンターテインメントの先輩歌手のWoo Hye Rimが作詞、作曲作業に参加した’Look at me’がトラックリストにあり、リスナーの楽しみをアップしている。TWICEが初めてトライする中間テンポトラックの’Turtle’は、今回の正規アルバムでは欠かせてはいけない。新しいが、安らかなリズム感で多くのファンにまた新しい楽しさを与えるであるろうと見られる。

これと共に、Black Eyed Pilseungをはじめ、Jeon Goon、Jung Hohyun(e.one)、earattack、Pop Time、Kiggen、Jowul、Fox Stevenson、Darren Smith、Kevin G. Choなど、国内外有名プロデューサーがTWICE 1st正規に参加、完成度を高めた。

TWICEは、今年2月、’KNOCK KNOCK’、5月’シグナル’に引き続き、10月には’LIKEY’で2017年3回目のカムバックを通じて、6連続人気ホームランを目指す。毎瞬間TWICEのみの魅力を発散し、可愛さのアイコンで位置づけられたTWICEが、アルバムのタイトルそのまま、たった今、私たちの’TWICE’が持てる素直な姿と表現で込めた、今回のThe 1st Album’twicetagram’と’LIKEY’で広げていく花道パレードにみんなの関心が集中されている。







[Credit]
01. LIKEY
作詞:Black Eyed Pilseung、Jeon Goon/作曲:Black Eyed Pilseung、Jeon Goon/編曲:Rado
‘カラーポップ’という新しい音楽ジャンルで多くの愛を頂いた’TWICE’が今回、’フューチャーエレクトロポップ’という新しい音楽ジャンルをリリースする。 今回のタイトル曲、’LIKEY’は、既存の’カラーポップ’より、もっと洗練され、POP的な要素がたくさん加われた’フューチャーエレクトロポップ’のダンス曲として、デビューの時から一緒にしてきた’Black Eyed Pilseung‘プロデューサーがオンリーTWICE’ため、野心的に作ったヒドゥントラックである。

02.Turtle
作詞:Jung Hohyun(e.one) /作曲:Jung Hohyun(e.one) /編曲:Jung Hohyun(e.one)
友達と恋人の仲で感じられる心を可愛く表現した曲で、いつも真剣で悩みが多くて、自分の気持ちを表現できない相手を’Turtle’と面白く比喩した。誰でも体験できる現実的な歌詞であるが、純粋さが見える’TWICE’のイメージとよく似合う曲である。

03. MISSING U
作詞:earattack /ラップメーキング:DAHYUN、CHAEYOUNG/作曲:earattack /編曲:earattack、Yukki
ミニアルなトラックとギター音が魅力的な曲で’TWICE’の可愛いが、愛する恋人と別れたくない気持ちを現実的に表現した曲である。 後半部に雄壮なリフレーンとメインボーカル メンバーのアドリブが耳に聞こえる。 メンバー’CHAEYOUNG’と’DAHYUN’がラップメーキングで参加し、’GOT7’の’Fly’、’Hard Carry’、’防弾少年団’の’すごい’等を作業した’earattack’作曲家と’TWICE’の新しい相性が合うのが見える曲である。

04.WOW
作詞:Mafly、Ponde、Miso Lee、Kako /作曲:Pop Time、Kriz /編曲:Pop Time
速いテンポにブルース的な要素が入った曲で、少女たちが恋に落ち、どうすればいいか分からない気持ちを表現した。TWICEの幼い心が見られる曲である。

05.FFW
作詞:Kiggen、ASSBRASS /作曲:Reign Write、NAOtheLAIZA /編曲:NAOtheLAIZA
可愛くて軽快なサウンドのポップソングで、10代少女の心を表現した曲である。 時間を超え、未来に行くというおもしろい歌詞がポイントである。

06. DING DONG
歌詞: Jowul/作曲:Risto Asikainen、Antti Hynninen /編曲:Antti Hynninen
アメリカ高校のパーティーである’PROM’での状況をティーンエイジャードラマのように繊細に描いた曲で、運命的な恋に落ちった時、耳に’鐘の音’が鳴るという信頼を’TWICE’であるけの軽快なビットと楽しいメロディで表現した。 S.E.Sの’Dreams Come True’のフィンランド作家’Risto Asikaninen’と’Antti Hynninen’が作曲と編曲を行い、’JELLY JELLY’、’HOLD ME TIGHT’等で一緒に作業してきた作曲家’Jowul’が作詞で参加し、照れくさい少女の感性が感じられる曲である。

07. 24/7
作詞:NAYEON、JIHYO/作曲:Daniel Caesar、Ludwig Lindell、Cazzi Opeia /編曲:Caesar & Loui
メンバー’NAYEON’と’JIHYO’が一緒に作詞に参加した曲で、’毎日、同じように繰り返し、疲れて大変な日々を少し後回しにして楽しく遊ぼう!’という内容の明るい曲である。ルーチンな日常に疲れた人々に力になる曲である。

08. Look at me
作詞:FRANTS、Woo Hye Rim/作曲:FRANTS、Woo Hye Rim/編曲:FRANTS
‘Future Pop’ジャンルの曲で可愛くて愉快な歌詞の楽しいダンス曲である。外面には冷たくしているが、自分を愛してくれる彼氏に甘えている可愛い歌詞がポイントである。 JYPの先輩歌手、’Woo Hye Rim’が作詞、作曲に参加した。

09. ROLLIN
作詞:earattack、Yukki/作曲:earattack、Fox Stevenson /編曲:Fox Stevenson、earattack
気まぐれな感情を見せる異性の友人に送るメッセージを加えて私の心がひどく揺れるという内容の可愛い悩みの曲である。懐かしい雰囲気にまるでローラースケート場にいる気持ちを与え、可愛い歌詞がおもしろい。 イギリス出身の有名DJ兼プロデューサーである’Fox Stevenson’のK-POP参加の初デビュー曲である。

10. LOVE LINE
作詞:JEONGYEON/作曲:Darren Smith、Tammy Infusino /編曲:Darren ‘Baby Dee Beats’Smith
好きになった異性に隠せない心を表現した曲で、やわらかい’TWICE’のボーカルと慎ましい告白がよく分かる曲である。 メンバー’JEONGYEON’が直接、歌詞に参加し、’JEONGYEON’の感性が感じられる。

11. Cheer up! (DON'T GIVE UP)
作詞:CHAEYOUNG/作曲:Chris Wahle、Thomas Harsem、Andreas Ohrn /編曲:Chris Wahle
‘私、自分に対して自信と確信を持って私を優先して愛しよう’という’TWICE’のラッパー’CHAEYOUNG’が作詞した。 とても可愛い歌詞が目につく。

12. Keeping you inside of me
作詞:Jung Hohyun(e.one)、Choi Hyun Joon (e.one)/作曲:Jung Hohyun(e.one)、Choi Hyun Joon (e.one)/編曲:Jung Hohyun(e.one),チェ・ヒョンジュン(Jung Hohyun(e.one))
夢幻的なPluckサウンドとエレクトロギター、そしてアコースティック ピアノが調和を作り出し、リフレーンに聞こえるアルペッジョ シンスが目立つ曲である。’TWICE’の感性が感じるボーカルと隠喩的な告白を表現した歌詞がよく似合う。新しい愛の告白ではなく、現在進行中の恋の有難さに対する告白を表現し、少しずつ成熟していく’TWICE’のように深

  • TWICEcoa...
    2016-10-24

  • PAGE TWO
    2016-04-25

  • THE STOR...
    2015-10-20